絵本と読み聞かせ

1歳前後の赤ちゃんにおすすめ絵本、下手でも読み聞かせは出来る!

The following two tabs change content below.
アバター
本業は独立開業したファイナンシャルプランナー。FP1級持ち。 半端なイクメンという言葉が嫌いなので、育児に家事に仕事に全力で取り組むパパ「イクメン王」を目指しています!当サイトでは、パパであり節約上手なFPとして調査比較したサービスや体験購入したオススメ商品等を紹介していきます。

本や雑誌、ネット記事を読むことが多い私たち大人の世界。

絵本を見直す風潮が出てきていますが、まだまだ絵本を手に取る機会は少ないでしょう。

今回は、赤ちゃん、乳幼児に読ませて好反応をもらえる絵本たちを取り上げました。

主役は子ども、読み聞かせる大人も思わず唸る(笑)人気作家による人気絵本を見ていきましょう!

読み聞かせに自信のないパパママにも読み聞かせのヒントが掴めますよ。

33ecfae8ee57a7832019887bd42136f9_s

読み聞かせのヒント「読み聞かせが良い」のはなぜか?

赤ちゃんは、誕生後から「自分が反応することで他者から反応が返ってくる」という概念を学んで獲得していきます。

これがコミュニケーションの基礎です。

語彙力は親子のコミュニケーションから増えていくので、目を見て反応し、文字や絵を見せて話しかけることでのちのちの言葉の習得を促していくことができるのです。

これが読み聞かせが良い理由です。

読み聞かせのうまい下手はあまり関係ありません。

抑揚付けや、登場人物それぞれの声色を付ける必要はありません。

読み聞かせのヒントは一音、一語をハッキリ読むことを意識して赤ちゃんの耳に届けてください。あとはきちんと子どもの反応に反応することです。読み聞かせに自信がなかった人は気が楽になりましたか?

073fa34e961a23f4929fbb27fc382bbb_s

読み聞かせは0ヶ月から初めても構いません。

最初は反応が乏しくても生後4.5ヶ月で脳みその聴覚野と運動野が神経でつながり、赤ちゃんはよどみなく音に反応し始めるようになってきます。

それまでは経験を積むことがとても大事です。

その後もたくさんのことを学ぶ赤ちゃんの頭の中は、生後1年で脳のサイズが2倍になり、3歳になる頃には成人の脳の80%の大きさになります。

6歳までに成人の脳の90%の大きさになり、20代になるまで発達を続けることが分かっています。

939f1cb3b66de84efa9935d205e0f670_s

1歳前後の乳児へのおすすめ絵本を紹介!参考動画リンク付き

乳幼児の絵本に最適なのは音が楽しい本だと聞いたことがある人もいるでしょう。

「擬音が豊か」
「語呂が良くてリズミカル」
「歌いやすくて唇を使った「ぱ」音など発語するきっかけになる」
「楽しい音が繰り返される」

という特徴がそれぞれにあります。

今から挙げる絵本は、親子コミュニケーションが自然にできてしまう、よく練られた秀作揃いです。

1歳前後のおすすめ絵本その1「きんぎょがにげた」

人気作家の五味太郎さんによる、親子でかくれんぼを楽しめる絵本です。

鮮やかな色の中で赤い金魚がどこにいるのか目を凝らして探すので、自然と見る力と集中力を養えます。

よく作られた絵本です。何度も読むうちに、子どもが「ここ、ここ!」と指を指すようになるでしょう。

手先を使って指さしを促すことになりますね。

金魚以外にも「バナナはどこ?ぞうさんはどこ?」など問いかけて、絵の中から探させるように働きかけると子どもにとって物の名前を覚えながら色々なものを見る練習にもなります。

多くの保育園でも置いて定評ある絵本で、おすすめです。

1歳前後のおすすめ絵本その2「がたんごとんがたんごとん」

ものすごくシンプルな文と絵で、なぜ人気なのかいぶかしむ大人もいます。

この本の魅力は繰り返し耳に心地よい「がたんごとん」「のせてくださーい」のセリフと、読み聞かせてくれるパパママとのやり取りが子どもに喜ばれるところです。

文字だけ忠実に読んでも良いですし「今電車に乗ったのは何かな?」と子どもに問いかけても良いです。

一度読み終わってから、もう一度最初から読んでとせがむ子どもも多いのです。

また「がたんごとん」のタイミングで絵本を揺らしたり「のせてくださーい」のタイミングでスキンシップをしたり…親子で楽しむとジワジワ不思議な魅力のある絵本です。

最後のページの食卓の絵や、裏表紙の絵が可愛いです。

1歳前後のおすすめ絵本その3「じゃあじゃあびりびり」

日常生活で聞こえる音が、鮮やかで目を引くイラストとともに収められた絵本です。

音の種類が豊富なので、何度も絵を見せながら読み聞かせると、子どもが擬音をどんどんマネしたくなる、上手に作られた絵本です。

読んでいると、子どもの反応に嬉しくなります。

言葉を喋るきっかけに出来ますね!

音は、車の走る音や犬の鳴き声、蛇口から出る水の音や紙を破る音、掃除機をかける音や鶏の鳴き声、踏切の遮断機の音や赤ちゃんの泣き声、飛行機の飛ぶ音や猫の鳴き声、ラッパを吹く音が収められています。

赤ちゃんのデビュー絵本にしても良いですし、外出時に子どもに見せてご機嫌なおしに使う先輩パパママもいます。コレは買いです。

1歳前後のおすすめ絵本その4「おててがでたよ」

親と子どものじゃれ合いを絵本にした作品です。

だぼだぼの大きなTシャツを被った子どもが、かくれんぼをして手を出したり頭を出したり、顔を出したり足を出したりする物語です。

絵の子どもが足を出したページで、子どもの足を触って「足だね」と声かけすると自分の体の各部分の呼び方を覚えていけるのと同時に、お洋服を着る時にどこに体を通すかも覚えられる、これもまた大変よく作られた絵本です。

読み聞かせている親子もじゃれ合いながら遊べます。

1歳になるとお着替え練習をそろそろ始めるので、この絵本を使って橋渡しをする保育園もあります。

子どもも楽しむし、読み聞かせる大人も微笑む人気の絵本です。

1歳前後のおすすめ絵本その5「さよならさんかく」

♪まるいはなあに まるいはなあに。まるいはとまと♪など耳に気持ちよく、ミッフィー風のはっきりした絵が見やすい絵本です。

「この本を何回か読んだら、ある日、子どもが色の名前や形や物の名前を覚えていた」と好評です。

この本のフレーズを言うと泣きやむので泣き止ませにも使えるというママもいました。

細かいことを書くと「くろいはなあに。くろいはめだま」など日本人向けの記述に読めるという親御さんや「あおい(青い)はなあに。あおいはおばけ」の記載があるので、あおいちゃんには読ませにくいという人もいます。

もし本を確認して、記載が気になる人は外してくださいね。

1歳前後のおすすめ絵本、下手でも読み聞かせは出来る! まとめ

7296b34f684038b8dab06062a59ec155_s

子どもから見た世界は新鮮な驚きがいっぱいなんだ、と読み聞かせるパパママの心まで洗われるような…そんな絵本ばかりを紹介しました。

最初はきょとんとした顔をしていた子どもも、繰り返される耳心地の良い擬音と大人からのスキンシップに大喜びします。

何度も何度も読み聞かせてあげてください。パパママがリラックスして子どもの反応を楽しむと、子どももどんどん吸収していきます。

さあ、あなたのお子さんは一体どんな反応を見せるでしょう♪

妊娠中や育児中のパパママによく読まれている記事

https://happy-akachan.info/amazonprime/

https://happy-akachan.info/babyregistry/

https://happy-akachan.info/studio%E2%80%90mario-alice/

Amazonファミリー(プライム会員)
30日の無料期間あり!
Amazonのパパママ限定有料会員のサービスを体験!CMで有名なAmazonプライム会員の全特典に加え、紙オムツなどをいつでも最安値で自宅までお届け!今なら様々なプレゼントも実施中!西松屋、アカホン、トイザらスは勿論、各種ドラックストアより安く紙オムツを楽々ゲットできます!
オススメ度
ポイント① 紙オムツをどこよりも安く購入可能!他にもパパママ限定特典多数
ポイント② 動画や音楽視聴など全てのAmazonプライム特典も利用可能
費用と無料期間 30日間の無料期間あり/年会費4,900円or月額500円

公式ページ

ABOUT ME
アバター
FPパパ
本業は独立開業したファイナンシャルプランナー。FP1級持ち。 半端なイクメンという言葉が嫌いなので、育児に家事に仕事に全力で取り組むパパ「イクメン王」を目指しています!当サイトでは、パパであり節約上手なFPとして調査比較したサービスや体験購入したオススメ商品等を紹介していきます。